自動車事故を起こしてしまったら、警察と保険会社へ連絡をしますが、事故によっては、軽微な事故もあります。今回は、実際にあった軽微な事故事例をご紹介いたします。参考にしていただければ幸いです。

自動車と自動車の事故で、両方とも軽自動車です。

100対0でこちらは、加害側になります。狭い道路で離合の時に、サイドミラー同士が接触、相手は停車中の為、こちらが100%悪い事故となります。

速度は10㎞程度との事で、お互いにケガは無し。

連絡を受け、現場へ行き、状況、お相手の情報、修理工場等の確認をし、保険会社へ報告を行いました。

修理見積額

数日後・・・

保険会社からの連絡を受け、ビックリしました。電話の内容は、

「お相手の修理代金の見積が出てきて、アジャスターの確認も行った結果、4万円の修理代金となりました。数時間で作業は終わるので、代車費用は掛かりません。」

え?修理代金4万円の請求?現場に行っていたから解るが、あまりにも高額請求、修理先は全国にある有名ディーラーでの修理見積りでした。下記の写真を見てほしい。

一番安い自動車保険がわかる!

損害写真

サイドミラー接触事故
サイドミラー接触

写真でも傷の確認が難しい。元々あった傷と、新しい傷の区別も難しい状況でした。

サイドミラー・カバーともに割れなし。擦り傷もわずかな程度でした。

納得できない私は、直接、ディーラーへ電話を掛け、内容を聞き取りました。

担当者は「接触の影響で、格納を行う内部モーターが破損していた為、サイドミラーを交換となります。」

すぐに、嘘だと感じました。私も、電話を掛ける前に、色々と調べて、連絡をしています。付き合いのある自動車修理工場へ確認したが、サイドミラーの割れやヒビも無く、かすり傷程度なら、モーターが壊れる事は無いと確認していた。

100歩譲って、モーターが故障しているなら斡旋交換も仕方なしと思いますが、本当に故障しているか確認が必要と思いました。

修理代金値引き交渉

私は、担当者へ「相手へ接触をしたこちらが、100%悪いので、契約者も相手に対してはしっかりと修理をして頂き、賠償を行う意思はあります。ただ、4万円の修理代金は高額だと感じていて、保険も使用せず、自腹で修理代金をお支払いを考えていますので、値引きが出来ないかお願いで、電話しました。後、壊れたモーター、取り換えるミラーを見せてください。契約者が納得していないので、契約者も私も、ミラーを調べるし、見積書との妥当性を確認を考えています。」

そう言うと、相手は、「上席に相談して、連絡します。」と言い、電話を切った。

数時間後、相手ディーラーから電話が掛かってきて、

修理代4万円を2万円に値引きします。部品代だけの請求をさせてください。」

と言ってきた。その後は、私も、強く言わなかったが、契約者も納得し、保険を使用せず、自腹で修理代金を支払う事となった。もし、保険を使用すると、3年間で6万円の値上がりだった為。

まとめ

あくまでも、私の考えですが、ディーラーの担当者も、保険使用と思うと、高額請求をしてくるものです。必要以上の修理見積を行い、通れば、ラッキーと考えているのではないか?

納得出来ない事には、とことん突っ込んで行くし、不正をしてはならないものです。

もし、軽微な事故で修理代金に納得できない時は、ご自身や、付き合いの修理工場さんや、代理店を通して交渉する事をお勧めします。絶対とは言えませんが、保険を使用せずに解決が出来るかもしれませんよ。

今回の事故で、被害者の方には迷惑をお掛けしましたが、修理に関する事では、迷惑をかけていなし、時間を掛けずに、修理も完了し、被害者の方へ納車完了した事も確認しました。

個人的には、部品交換ではなく、磨きで充分に消える傷だと感じていました。

私は納得できない所は残りましたが、契約者さまが納得されましたので、解決となりました。