生命保険と聞くと、多くの人が思う事、難しそう、解らない、売りつけられる、などなど、良いイメージを持っている方は少ないと思います。でも、皆さんは、生命保険に加入していませんか?世の中の9割以上の方は、何らかの生命保険に加入をしていて、良いイメージは無いが、必要だと感じ、考え、契約をしていると思います。。

私は、お客さまへ提案をする時は、その方の家族構成や、将来の考え方などを聞きながら提案をし、必要な物を、必要なだけおすすめしています。

無駄な保障は、多くかける必要は無いと考え、お話しをしています。

お客さまの置かれている状況や、将来設計などで、商品を変えてお勧めしている為、この保険が正解と言うのはありません。都度、見直しや生活状況の変化で保険も進化させて行く事が、正解だと考えています。

1つ参考になれば良いと思い、現役の保険プロが加入している生命保険を紹介しますので、何かのヒントと思い、お付き合いをよろしくお願いいたします。

私41歳(会社員)

妻36歳(パート)

長女13歳(中学1年生)

長男10歳(小学5年生)

合計 4人家族

持ち家、住宅ローンが残り期間25年、ローン残金、約2,000万円、他のローン無し。

家族の将来年表

家族の将来年表
将来年表

私の将来年表を見て下さい。ポイントは2つ

①7年後の48歳~11年後の52歳の期間

子供2人が大学生で、教育資金が多く掛かる時となる

②現行の年金制度

夫婦そろって年金受給できるまで、29年間

このポイントを踏まえ、死亡補償は、教育資金が必要な期間は手厚く、ただし、末の子が大学を卒業した後から、妻の老齢年金の受給までは、最低の保障が必要と考えて加入。

*ご提案させて頂くお客さまへは、必ず「家族の将来年表」を作成し、お渡しさせていただいております。

【保険ガーデンプレミア】

私の入っている保険

ひまわり生命保険証券
ひまわり生命 保険証券

死亡保障

SOMPひまわり生命「収入保障保険」×2契約

① 月/15万円(死亡・高度障害時)

契約期間53歳迄、長男が大学を卒業するまでの期間、月々保険料2,705円

② 月/10万円(死亡・高度障害時)

契約期間70歳迄、妻が年金受給年齢に達するまでの期間、月々保険料3,820円

*私が、53歳までの間に万が一、死亡などした場合、月に25万円が保障されます。

54歳以降は月に10万円の保障で、妻が年金受給年齢まで保険が出続ける保険にしています。

1つの契約で長期間、25万円を70歳より、2つの契約へ分散する事で、保険料が安く抑えられる。掛け捨ての保険だが、保障額が大きい。2段階の保障を確保しました。

公式 SOMPひまわり生命 収入保障保険シミュレーションサイト

https://www.himawari-life.co.jp/product/omamori_family_m/

介護保険

あいおい生命保険証券

三井住友あいおい生命「&LIFEくらしの応援ほけん」

月/10万円(要介護2以上・働けない状態)

契約期間65歳迄、月々保険料5,090円

*私は趣味でバイクに乗っている為、交通事故によるリスクを考え加入、バイクの保険も加入しており追加保障となりますが、契約しました。

決め手は保険料が安いからです。

他社でもありますが、ゴールド免許割引、非喫煙割引を行うと約20%程安くなります。

公式 あいおい生命 &LIFEくらしの応援ほけん 保険料サイト

https://www.kiramekilife-direct.jp/syunyu/sample.html

外貨積立型保険

明治安田生命保険証券

明治安田生命「外貨建保険 つみたてドル建終身」×2契約 

保険料は支払い済み

アメリカドルによる積立型の終身保険、子供が2人いるので、2契約としました。

日本円で100万円を支払い、10年後には解約返戻金が125%程で返ってくる。

*為替リスクを伴います

満期時は私が48歳の時で、教育資金が多く掛かる時に合わせた事と、子供が成人した時に、成人のお祝いで渡す事も想定して加入。その時の場面で、臨機応変に利用する事が出来ます。

公式 明治安田生命 つみたてドル建終身 保険料シミュレーションサイト

https://www.meijiyasuda.co.jp/norapl/find/simulation/dolshushin/input.aspx

医療保険

あいおい生命保険証券

あいおい生命「新医療保険Aエース」

日額/5,000円、120日型、がん診断一時金200万、三大疾病一時金50万、月々保険料5,459円

日額の保障は低く抑え、大きな病気「がん」の時は、一時金で250万円受取りとしました。

私の祖父母が、がんで亡くなっているので、私自身が、罹患する確率が高いと判断した事と、心配性な為です。

*がんの一時金は、上皮内がんでも100%保障となります。

公式 あいおい生命 新医療保険Aエース 保険料シミュレーションサイト

https://www.kiramekilife-direct.jp/medical/sample.html

妻の入っている保険

ソニー生命保険証券

死亡保障

ソニー生命「変額保険」

750万円(死亡・高度障害)月々保険料10,492円

商品名の通り、積立型の保険ですが、変額なので、リスクを伴う保険となります。

ただ、死亡保障は終身保険なので、750万円は変わらない。

私は、世界株100%で運営をしています。昨年の運用実績は10.26%と、かなり高い利率となっていました。毎月必ず、ホームページでチェックして運用益を確認しています。

公式 ソニー生命 変額保険 サイト

https://www.sonylife.co.jp/examine/lineup/list/variable/

ソニー生命「変額個人年金保険」30万円の年金、70歳年金開始で15年確定、月々保険料5,061円

これは完全に変額保険が気に入ったために追加した保険、死亡保障が無い分、保険料の大部分を投資金として回せる商品です。

もちろん、世界株100%で運営していて、昨年の運用実績は11.66%でした。

公式 ソニー生命 変額個人年金保険 サイト

https://www.sonylife.co.jp/examine/lineup/list/pension/

医療保険

三井住友あいおい生命「新医療保険Aエース」

日額5,000円、120日型、女性疾病5,000円がん診断一時金150万、三大疾病一時金50万、月々保険料5,329円

私の保険と同じ考えで、日額は低く抑え、大きな病気の時には一時金を手厚くしました。

公式 あいおい生命 新医療保険Aエース 保険料シミュレーションサイト

https://www.kiramekilife-direct.jp/medical/sample.html

月々の保険料

本人(私)の保険料は、4契約で、17,074円

ひまわり生命2契約で6,525円

三井住友あいおい生命2契約で10,549円

妻の保険料は、3契約で、20,882円

ソニー生命2契約で15,553円

三井住友あいおい生命5,329円」

夫婦合わせて、37,956円

まとめ

私の保険は、全て掛け捨ての保険に加入しており、(支払い済みの外貨建除く)安い保険料で、高い保障に特化させています。

理由は、今は子供が小さく、大黒柱である私が倒れたり、万が一があった場合に、家族を路頭に迷わない様に考え加入しています。

子供が成長し、独立したら見直しも必要ですし、死亡保障も低く抑えてもよいと思います。

妻の保険では、積立型を重視しています。

支払い保険料の75%分、15,000円は積立に回しています。

長生きリスクをとって、投資性の強い商品にしていますが、解約時期を誤らなかったら、損をする事が無いように、注意しながら継続していく予定です。

いかがでしょうか?意外と安い保険料でやっていると思われた方が多いかもしれませんね。費用対効果を考え、加入した結果がこれでした。

中には、自爆(自己契約)している方もいますが、私は一切しませんし、今後もしないと思います。なぜならば、意味が無いし、家族の幸せを思うと、無駄な保険料を納める事で、ストレスになると考えるからです。少しの参考にして頂けたら幸いです。

お付き合いありがとうございました。