家計の負担にもなる保険料、出来るだけ安い方が良いと考えている方が多いと思いますが、これだけは必要だと思う特約をランキングしましたので、参考にしてみてください。ご自身で、ネット保険を申し込む時に、何が必要で、何が不要か判断が難しいし、判断が出来ない事が多いと思います。色々な交通事故を担当し、特約が未加入で困った事や、逆に良かった事をまとめました。

*対人・対物無制限は当たり前の事なので割愛させていただきます。

第5位 車対車事故免責ゼロ特約

聞きなれない特約名だと思いますが、保険料の割引が出来る特約です。

車両保険の加入が必須です。

保険加入時に、車両免責(自己負担)を決めますが、免責金額を0円より5万円を選択すると保険料が安くなります。

あえて、免責金額を5万円にして、車対車事故免責ゼロ特約を付保します。

効果としては、月々の保険料が500円~1,000円程度安くなります。

自損事故など、保険を使用する際には5万円の自己負担が掛かりますが、自動車同士の事故の時には、免責が0円になる特約です。

おすすめのポイントは

保険を使用すると、翌年、保険料がアップします。修理代が5万以下だった場合は、自腹で直した方が、保険料アップと比較しても安く収まる場合がほとんどです。

特に、新車を購入し、車両保険を掛けたいが、高いと思われている方は、試算してみて下さい。

*画像を載せようと、各社のパンフレットを確認しましたが、パンフレットには載っていなく、Web約款で内容が確認出来ます。

東京海上日動火災保険 自動車保険約款 ページ139

「車両保険の免責金額に関する特約」

https://tcon.tokiomarine-nichido.co.jp/iportal/CatalogViewInterfaceStartUpAction.tcon?method=startUp&mode=PAGE&catalogId=1180530000&pageGroupId=&volumeID=TKN12001&designID=&nonFlash=true&redirect=true

第4位 車両保険無過失事故特約

車両無過失事故特約
車両無過失事故特約 損保ジャパン パンフレット

車両保険が必須の特約

今は、ほとんどの保険会社では、車両保険を付保すると自動セットされていますが、まだ、選択可能な保険会社もあるので、ランキングしました。

この特約は、車対車の事故で、ご自身に過失が無い場合、例えば、信号待ちをしていた時に、後ろから追突された。など、0:100の事故時に発動し、保険金が受け取れます。

翌年の保険料アップがありません。

おすすめのポイントは

自己防衛策になる事です。信じられ事ですが、普通に走っている車の中には、無保険状態で走っている車が多いです。私も事故現場に向かうと、年に数回は無保険車との事故を担当します。

車検時に強制加入する自賠責保険は、対人のみ補償です。車両等の対物は補償対象外です。

「注意」

相手が確認できないと、支払いの対象になりません。当て逃げやいたずらでは、支払われませんので、注意してください。

一番安い自動車保険がわかる!

第3位 対物超過修理費用特約

対物超過修理費用特約
対物超過修理費用特約 三井住友海上 パンフレット

対人・対物無制限は良く聞く言葉と思いますが、この特約は、対物に対して、時価額を修理代がオーバーした時に使用します。限度額50万円

今は、ほとんどの方が加入していますが、時々、加入していない保険証券を目にする事があります。特約保険料では、月に20円程度です。

この特約が付いていないと、事故後にトラブルの原因となり、事故解決せずに、時間と、ストレスが無駄に掛かる原因となるでしょう。

事故に遭う相手は選べません。年式が古い車を大切に乗っている方や、親の形見で乗っている方など、人の想いは様々あるように、修理してでも直して乗りたいと思っている方もいます。修理代が時価額を超えると、加害者も支払い義務はありませんが、相手の気持ちを考えるといたたまれません。

おすすめのポイントは

自己防衛の特約、保険料も安い。

第2位 弁護士費用特約

弁護士費用特約
弁護士費用特約 損保ジャパン パンフレット

最近ではよく耳にする特約となったと思います。月々の保険料は300円程度

普段の生活の中では、弁護士なんて無縁だよ。と思っている方におすすめします。

おすすめのポイントは

自己防衛になる。

事故を起こす相手は選べません。相手が、過失割合に納得せずに、弁護士を入れてきた場合、費用負担無しで、弁護士依頼が出来ます。(訴訟費用300万限度)私が担当した事故でも、年に数回は、相手側から訴えられる事があります。

過失が無い事故、信号待ちで後ろから追突されたなどの事故

相手が、自動車保険に加入していなかった場合に、自賠責保険では、ケガ等の対人は補償されますが、自動車の修理に掛かる、対物は補償されません。その時に、弁護士特約を使用します。

過失が0の場合、自分自身の保険会社は関与しませんので、ご自身で示談交渉を行う事となります。はっきり言って、自分自身では進める事は困難です。時間も掛かるし、相手との連絡を取ったりも大変なので、弁護士にお任せする。泣き寝入りをせずに済みます。

第1位 搭乗者傷害(倍額)特約

搭乗者傷害特約(倍額)
搭乗者傷害特約(倍額) 三井住友海上 パンフレット

月々の保険料は500円程度 

おすすめのポイントは

受け取れる保険金が定額で分かりやすい。1~4日の通院では2万円・5日以上だと20万円受取となる。

受取れるスピードが速い。 事故後に5回通院した時に、保険金請求書を出した場合、約5~10日以内で入金完了しています。郵送の時間や土日祝を考慮しております。

事故カウントされない。 対人・対物とは違い、人身傷害保険の特約となる為、単独事故や、過失0の事故の場合、ご自身の保険を使用しても、翌年の保険料アップがありません。

特に、車両保険に加入していない方は、受け取った一時金で修理代等に回したり、別の車に乗り換える際の頭金として使用する事も可能です。

まとめ

インターネット等で、ご自身で加入する方は、耳にしない様な特約は、外す方が多いと思います。特約を外して、保険料を安くする事ばかりに気が行っていると、大変な思いをする事となります。

保険料が安いのには、理由があり、充分な補償を受けられない事となります。

昔からの言葉で、安かろう悪かろうだと、私は思います。

今回は、あまり耳にしない特約をランキングしましたが、重要だと感じている特約ばかりです。基本的な補償に肉付けし、万全な自動車ライフをお送りください。

外部リンク

三井住友海上 自動車保険パンフレット

https://www.ms-ins.com/pdf/personal/car/gk.pdf

損害保険ジャパン 自動車保険パンフレット

https://www.sompo-japan.co.jp/-/media/SJNK/files/kinsurance/automobile/thekuruma/thekuruma2101.pdf?la=ja-JP

東京海上日動火災保険 自動車保険パンフレット

https://tcon.tokiomarine-nichido.co.jp/iportal/CatalogViewInterfaceStartUpAction.tcon?method=startUp&mode=PAGE&catalogId=1154450000&pageGroupId=&volumeID=TKN12001&designID=&nonFlash=true&redirect=true